金投資のリスク

金投資はハイリスク、というイメージを持つ人が多いようですが、これはなぜでしょう。

多くの人は、金の先物取引を連想するからかもしれません。確かに、先物取引は、ハイリスク・ハイリターンといわれ、下手をすれば、全財産を失ってしまう可能性もある、といわれています。

しかし、金そのものには、決してそのような大きなリスクは伴わないものなのです。むしろ、他の投資に比べて、金投資はリスクは少ない、といわれます。

金投資で自分で金を保有する場合、リスクとしては、

  • 株式や預金と違い、配当、利子が付くことが無い。
  • 保管する手間、スペースが必要。

などがあります。これ以外、金投資も一つの投資なので、他と同様、市場リスクは常に伴うものです。

また、通常、金は国際市場ではドル建てで売買されますが、日本の個人投資家が金の売買を行う際は、通常円建てでの取引となるため、為替相場の変動の影響を受けます。金は国際的な投資対象ですから、この影響はモロに受けやすいです。このため、常に為替相場の動きを把握しておく必要があります。

短期的な取引だと、売買のタイミングによって利益が出ることもある反面、損失が出ることもあります。この場合に、元本は保証されない、ということは知っておくべきでしょう。

金を保有する場合、盗難の可能性も決して無くはありません。このため、金庫の保有や、保険料などで結構維持費がかかることもあります。

純金積み立てはリスクが少ない?

また、純金積立は金投資の中でも一番リスクが少ないといわれますが、口座管理料や手数料が必要であり、その手数料率も他の金融商品と比べ、結構割高なところが多いものです。

このため、取引を始める前にはきちんと調べることが大事となります。また、「月々積み立てたお金で純金を購入する投資」なので、当然、金の価格が下がれば資産が減ることになります。

リスクを減らすには

他の投資の場合、商品そのものが価値を生み出していく可能性があるのに比べ、金の場合は価格の上下だけ、ということになります。

金を投資の対象として考えるなら、他の投資と組み合わせてリスクを分散させる、いわゆる分散投資で考えた方が無難かもしれませんし、今は、分散投資が当たり前のようにも考えられているようです。

同時に、長期的なスタンスを持つこと、これが、金投資の一つの心がけかもしれません。どのような投資にも、必ずリスクはつきものですし、そのリスクを以下に抑えるかも、投資のポイントなのです。