金の基礎を学ぶ

最近の金の需要動向

金は、金融市場の不安定の中でも、市場としては堅調に推移しているようです。金需要統計で見ても、宝飾品需要、投資需要ともに増加の傾向を見せています。

金融市場の混乱で、原油などとともに「安全資産」とみられている金が脚光を浴び、個人や年金基金の投資資金が流入していることがはっきり見て取れるようです。大手の金地金商の店頭でも、金地金の販売量が急増しています。

株式や債券と比べて信用リスクがほとんどないことや、円高で金価格が低下していることを背景に、初めて金投資にチャレンジする人も増えているそうです。

金の産出国

金を最も多く産出している国は中国で、おおよそ350万トンとなっています。これに、オーストラリア、アメリカ、ロシアが続いています。また、ペルー、インドネシアも最近は急成長しているようです。南アフリカは地下資源が豊富な国で、1970年ころまでは、金でも世界の産出量の70%ほどを占めていました。しかし、今では固定減産組となってしまいました。

金の性質

金は、非常に柔らかく、加工しやすいという特性があります。金を薄く延ばした金箔は良く知られています。1グラム程度の金で、1メートル四方、つまり畳半畳よりちょっと大きいくらいまで伸びます。

金は、錆びたり変質しない特性があるので、金箔を表面に貼り付けることで、腐食を防ぐことができます。これが、金メッキの技術です。

また、縦に長く伸張させることできます。豪華な衣装に使われている金糸がそうですね。糸の太さにもよりますが、1グラムの金で2.8キロメートルの金糸が取れます。

このような金の特質を活かし、地金、金貨、宝飾品としての需要の他、医療用、さらに、コンピューターなどのIT関連の部品などとしても使われています。金は様々な分野で活用されています。

金の埋蔵量

現在、世界で1年間に採掘される金の量は約2500トン。リサイクルなどによって供給されるものと合わせても、年間約4000トンしか供給量が無いと言われています。また、金の埋蔵量としても、残り7万6000トンほどと言われています。しかも、そのほとんどは採掘困難な場所にあるとされています。

こうしたことからも、近いうちに金は採取困難となり、既にあるものを再利用しなければいけなくなる、とも言われているのです。

金は何に使われている

金は、財産としての地金の保有、金貨などをイメージしますが、身近なところでも利用されています。薄く延びる特性を活かして様々なところで金メッキの加工が施されていますし、腐食しないことから、人工衛星の外側にも張られています。

金は毒性が無いので、縁起を担ぐことから、食品に金箔がまぶされたり、金箔入りのお酒があったりします。衣装にも金糸が使われています。

変質しないため、医療の分野でも、歯科治療で金歯として活用されています。他にも、ガンの治療薬として、または検査時のコーティング材として使用されています。精密機械の分野でも、電気信号の伝導性に優れていることから、各種部品の素材として欠かせないものとなっています。

不確実性の時代に輝く金の保有意義とは?

世界にわずか約22万トン 希少な金を求める動き活発になっています。世界に流通している金は2011年末時点で約17万トンと言われていま す。17万トンというと多そうな気がしますが、縦・横・ 高さ約20メートルの立方体に収まってしまうほど、少ない量しかありません。 まだ掘り出されていない、確認されている地下に眠っている金は約5万トン。両方合わせても約22万トンしかない希少な金属なのです。

地上に流通している金の用途は 宝飾品が49.2%、民間投資が19.3%、国などの公的セクターが保有しているのが17.2%、加工用品が12.1%となっています。実需だけでなく、資産保全の手段としても利用されています。

ドルや国債への不安から安全資産として金が注目

今から10年前の2003年頃。ドルベースの金市場での価格は 1トロイオンス(約31.1グラム)=300ドル台前後でした。ところがその後、金価格は右肩上がりで急上昇し、2011年には1800ドルを突破しました。

金価格が高騰している5つの理由

①ドルの信認の低下です。金の価格はドルと逆相関関係になる傾向があり、アメリカが信頼されてドルが強くなると、金価格は低迷し、アメリカの信頼が揺らぐとドルが弱くなり、金価格が高くなる傾向があります。

1991年のソ連崩壊により冷戦が終わり、アメリカが世界の唯一の超大国となった頃から、金価格は低迷を続けていました。各国の中央銀行は世界情勢の変化から、金を売って基軸通貨の 地位を確保したドルを購入する動きが活発になっていました。しかし2000年代に入り、2000年のITバブル崩壊、2007年のサブプライムローン危機、2008年のリーマンショックなど、アメリカ経済を揺るがす危機が何度か起きています。その後もアメリカ経済の先行きが不透明で、量的緩和など大量にドル紙幣をバラまく政策を続けています。結果、ドルの信認が低下し、今まで金を売っていた中央銀行セクターが、逆に外貨準備における金の保有を高める方 針を取り、ネット購入者になったことが、金価格の上昇に影響したと思われます。

②国債など各国政府が発行している債券=ソブリンへの不安が高まっているからです。 景気が悪化したり、金融危機が起きると、世界の投資家はリスクの高い金融資産から資金を退避させ、各国の国債など、リスクの低い資産に振り向けていました。ところが欧州債務危機が勃発し、国債が必ずしも安全資産とはいえないとの認識が広がっています。

ヨーロッパだけでなくアメリカや日本も財政問題は深刻化しています。国債が絶対的な安全資産とはいえません。国債が暴落したり、国家が破綻するような万が一の事態に備えて、より安全な金に一部の資産が移っています。中国・インド経済の台頭や 金ETFの登場で需要増える

③中国・インドが急速な経済成長を遂げ、所得が増えた国民が金を今まで以上に購入 していることです。両国は文化的・ 歴史的な背景から、資産を保全する手段としても宝飾品の金を購入しています。今後も経済成長に伴い、金への需要が旺盛である可能性が高いと考えられます。

④金を産出している鉱山会社が、今まで行っていたヘッジ売りを減少させていることです。これまでの金の低迷期には、鉱山会社は価格をヘッジする手段として金を売っていました。ところが最近は、金価格の下落リスクが少なくなったと見て、ヘッジ売りをするの をやめる傾向が強まっています。このように、鉱山会社のヘッジ売り圧力がなくなったことも、 近年の価格上昇の一因でしょう。

⑤金ETFが2003年に誕生し、今までより金に投資しやすくなったことです。ETFが登場する前は、金に投資するには金現物を購入し、保管しなければなりませんでした。しかし現物の裏付けのあるETFのおかげで、保管する手間なく、容易に金に投資することが可能になりました。 ETFの存在が金価格を押し上げている要因の1つになっています。

個人投資家が金を保有する意義とは?

個人の資産を守る手段として金を活用されています。金価格が高騰している要因は、今後も世界情勢は不確実性の時代が続く可能性が高いためです。今までの投資方法では資産が保全できないケースも考えられます。金は万能ではありませんが、株式や債券、不動産とは違った特性を持つ資産です。ご自身のポートフォリオの一部に金を取り入れることで、資産保全の1つの手段として活用するとよいのではないでしょうか。